ビオチンの通販と効果について

ビオチンは、ビタミンB群の水溶性ビタミンです。別名ビタミンB7あるいは、ビタミンHと呼ばれています。

ビオチンは補酵素として作用するもので、糖質、たんぱく質、脂質の代謝に関与しています。
たんぱく質の代謝、つまりアミノ酸代謝に関わるため、ビオチンをしっかり取ることは、たんぱく質からなる髪の毛や皮膚を健やかに保つことにつながります。また、炎症やアレルギー症状を抑えたり緩和したりします。さらに、高血圧改善効果も証明されています。

ビオチンは、多くの食品に含まれ体内でも作られるため、通常の食生活では不足しません。しかし、偏食や胃腸障害、特定の薬の長期的な服用で欠乏する場合があります。また、生卵を大量に摂取した場合もビオチンの効果が阻害される場合があります。これは、生の卵白に含まれるアビジンという成分が、ビオチンの代謝を阻害するためです。

ビオチンの不足で、神経障害、皮膚トラブル、鬱、食欲不信などが起こる可能性があります。逆に、過剰に摂取した場合は尿中に排出されます。
ビオチンは、成人男女では1日50μgが摂取目安量とされています。特に多く含まれる食品は、レバー、卵黄、ローヤルゼリーで、椎茸などのきのこ類、アーモンドなどの種子類、貝類、大豆、玄米などの精製されていない穀類にも多く含まれています。食品中ではたんぱく質と結合しているため、調理などによって壊れにくいビタミンです。

通常の食事から摂れるとはいえ、髪や皮膚のトラブルの際は意識していきたいビタミンと言えます。