テグレトールの効果や副作用について

テグレトールの効果や服用上の注意・副作用について

テグレトール(成分名:カルバマゼピン)とは、てんかん、躁病や躁うつ病の躁状態、統合失調症における興奮状態、三叉神経痛の治療に用いられる処方箋医薬品です。

脳内の神経細胞において、細胞内にナトリウムイオンやカルシウムイオンが流入すると、神経は興奮状態になります。テグレトールはナトリウムイオンが通る道(チャネル)の働きを阻害する作用を持つため、細胞外からのイオンの流入を邪魔することで、神経の興奮を抑えます。
前述の通りテグレトールは複数の疾患に効果が認められている薬ですが、いずれの疾患においても神経の過剰な興奮等、神経伝達の過程で症状が起こるため、効果を発揮すると考えられています。

比較的高い頻度で眠気、めまい、ふらつきが副作用として報告されているので、自動車の運転等、危険な作業は避けるべきとされています。

テグレトールは、様々な薬を代謝する酵素の働きを促進する性質を持ちます。そのため他の薬と一緒に使用する場合、それらが体内から普段より速く消失して、血中濃度が下がることがあります。その結果、併用薬の効果を十分に得られなくなる恐れがあるため、飲み合わせには注意が必要です。

特にてんかんでテグレトールを服用している場合は、必ず医師の指示通りに継続する必要があります。急に飲む量が減る、または全く飲まなくなると、てんかんによる連続的なけいれん発作(重積状態)が発現する恐れがあります。
副作用が出た場合でも、自己判断で薬を止めることはせず、医師や薬剤師にご相談ください。